お問合せ

2021.06.23

水素用開発鋼種STH®2の特設WEBサイトを開設

日鉄ステンレス株式会社(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:井上 昭彦)は、水素社会の実現に貢献する耐水素ガス脆性に優れた低Cr低Ni省Mo型オーステナイト系ステンレス鋼STH®2の特設WEBサイト(以下「特設サイト」)を開設いたしました。

水素社会の実現のためには、水素の製造から輸送・貯蔵、利用までの安定した一貫サプライチェーンの構築とコストの低減が必要不可欠です。当社は、2013年から日本製鉄株式会社と共同で、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)のプロジェクトに参画して研究開発を進め、高圧水素ガス環境への適合性と高強度を兼備した水素用低Cr低Ni省Mo型オーステナイト系ステンレス鋼を開発してきました。

特設サイトではSTH2(15Cr-7Ni-9Mn-N)と、水素ステーションで既に使用実績のある316L-HiNi(18Cr-13.5Ni-2.2Mo、高圧ガス保安法一般則例示基準に準拠)とを対比し、低合金でありながら同等の耐水素ガス脆性を有することをご紹介しています。

また高強度であるSTH2は、お客様における使用原単位の削減も期待されており、既に複数のお客様において評価を進めていただいております。

当社は、お客様のニーズに即したソリューション営業を通じてSTH2を広くご紹介するとともに、お客様の新エネルギー分野におけるニーズを把握し、課題解決への的確なご提案や更なる商品開発を進めることで、お客様のカーボンニュートラルの実現に向けた取り組みに貢献してまいります。

> https://stainless.nipponsteel.com/campaigns/hydrogen/

以上

本件のお問い合わせ先:

新エネルギー分野・高合金営業開発班 03-6841-2796